~まっつんブログ~日常のすべてが学びだッ

「1000記事書いたら人生変わるよ」と言われて、軽く始めたこのブログ。1000記事書いたらどんな自分が待っているのでしょうか(*´▽`*)まっつんが日常で学んだことを日々アウトプットするブログです。

【ご報告 アトピー完治しました!】23年間苦しみ続けてきたアトピーが脱ステロイドと、食事療法でほぼほぼ完治したのでご報告します!

ども!

まっつんです( *´艸`)

 

今日はうれしいご報告です!

 

 

僕は生まれつきアトピーで、ずっとステロイドの塗り薬を塗ってきたのですが、根本を見直さないと何も変わらないなと思い、ステロイドをやめて、今までの食事も改善してみました。

 

 

ステロイドを始めたのは、1月26日ですから、約5か月ちょっとでアトピーがほぼほぼ完治しました。

 

 

2か月ちょっとしか記録していないですが、その時のブログがこちらです↓

marumonomkitee.hatenadiary.jp

 

 

1.これまでの変化

ここからはこれまでの変化を写真でいくつかあげていきますね!

 

スタート(7日目)

f:id:marumonomkitee:20180127093459j:plain

 

1か月

f:id:marumonomkitee:20180222084442p:plain

 

2か月

f:id:marumonomkitee:20180701180645j:plain

 

3か月

f:id:marumonomkitee:20180701180457j:plain

 

4か月

f:id:marumonomkitee:20180701180817j:plain

 

5か月

f:id:marumonomkitee:20180701180945j:plain

 

現在

f:id:marumonomkitee:20180701180853j:plain

 

 

2.アトピーは治る

見返してみると、自分でもびっくりするくらい、ひどいです(笑)

5ヶ月の写真はお気になさらず(笑)

 

 

いやぁ、ほんとによく頑張ったと思います。

そして、今なら少しだけ自信を持って言えます。

 

アトピーは治ります』

 

僕はこの約5か月間これを言いたくて、頑張ってきました。

本当にアトピーってきついんですよ。

 

正常に物事が考えられなくなるくらい痛いし痒いし。

夜はなかなか寝付けないし。

朝は激痛で起き上がれないし。

顔はヒビだらけで笑えないし。

でも使う薬のステロイドの量はどんどん増えていきます。

そして、最終的には薬が効かなくなって点滴を打たないといけなくなってしまった人を僕は知っています。

 

 

だからこそ、アトピーで苦しんでいる人のために、まずは自分が本気で自分の身体と心に向き合い、アトピーを治そうと思いました。

 

 

3.そもそもアトピーとは

そもそもアトピーは病気じゃないんです。

アトピーコトバンクで調べると。

【アレルゲン(アレルギー反応を起こす物質)に体が反応してしまい、湿疹やぜんそく、鼻炎などを発症しやすい体質をいいます。 】

 

と出てきます。

そう、体質なんですね。

食べ物に含まれる、添加物や農薬や化学物質などの異物を外に排出する能力が高い人がアトピーの人です。

 

だから、しっかりと体にいいもの(命の循環があるもの)を食べて、排出しまくれば絶対にアトピーは治るという確信があります。今のところこのやり方で治らなかった人を見たことがないし、聞いたことがないです。例外が出たらまたお伝えしますね。

 

 

イメージとしては、濁った川(身体)にきれいな水(いい食べ物)を流し続けるのと一緒です。

「日本三大運河にかかる堀川橋」のフリー写真素材

 

ぜひ、根本から治そうと思っている方は、声をかけてきてほしいです(*^-^*)

 

 

 

4.脱ステロイドと食事療法をするメリット

もちろんこれは、アトピーを治す方法の一つでもあると思うのですが、ほかにも様々なメリットがあったので、ご紹介します!

 

・白髪が減った

・気分の浮き沈みが昔より減った

・快便になった

・ささくれがなくなった

・根本を見つめる癖がついた

アトピーが治ったので薬を買うのと塗る手間が減った

・人目を気にせず肌を曝せるようになった

・ニキビがほぼなくなった

・自信を持ってアトピーは治るといえる

・すべてのパフォーマンスが上がった(たぶんww)

 

このくらいですね。

約5か月間でこれだけ変わりました。

 

 

本当に本当にやって良かった。

あの時、絶対に治すと決断して本当に良かった。

また、これまで支えてくださった、周りの皆さん、心配してくれた方々。

本当にありがとうございました。

 

 

これからまだまだ食事の部分とかは見つめ治せると思うので、頑張っていこうと思います。