~世界一周まっつんブログ~日常のすべてがまなびダッ!!!!

「1000記事書いたら人生変わるよ」と言われて、軽く始めたこのブログ。今は人生すべてを世界一周と捉えて日々生きております。1000記事書いたらどんな自分が待っているのでしょうか(*´▽`*)まっつんが日常で学んだことを日々アウトプットするブログです。

【卒論という化け物】

久しぶりに、約一か月ぶりですがこちらのブログも動かしていこうと思います(/・ω・)/

 

 

 

頑張って1000記事目指しまっす!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

先日、ようやく、宮崎大学保健体育科の卒業論文発表会が終わりました。

f:id:marumonomkitee:20180214062820j:plain

マジでほっとしてます。

 

 

この発表した論文を作るまでに、幾度となく教授から訂正を食らい、何度呪おうと思ったか分かりません(笑)

 

 

が、今は大切な『気づき』を得られたので、とても感謝しています。

 

 

 

 

その気づきとは、「疑問を持つことで最高の文章が書ける」ということです。

 

 

 

 

 

 

 

教授が、訂正を加えるなかで口酸っぱく言っていた言葉が「小学生でも理解できるものを書け」でした。

 

 

 

そしてそのためには、絶対に疑問が生まれてはいけないんです。

 

一つ一つ丁寧に、疑問を消していきます。

 

 

 

例えば

 

「若年層に対してメンタルヘルスを向上させるためのトレーニングを考えたい」

の場合

 

 

・なぜメンタルヘルスを改善したいのか?

・なぜ若年層なのか?

・なぜトレーニングなのか?

と疑問があるのであれば。

 

 

その疑問に1つずつ

精神疾患患者数が年々増加傾向にあるから。

・若年層の自殺率が増えて、自殺はメンタルヘルスと深い関係にあるから。

・自分が保健体育科に所属してがいるから

 

 

と理由付けを行っていきます。

 

 

 

 

それを繰り返して、最後に自分の文章を見返すと、どこを見ても、なるほど!と納得できる1つの文章になっていました。

 

 

 

 

 

 

僕の卒論は、33ページあり、字数で言うと、14573字ありますが、それをそこまでエネルギーを使わず読める理由は、疑問が生まれないからです。

 

 

 

そして、この疑問をなくすという作業は、このブログや、人に、物事を説明をする時にも必要なものだと思うし、この疑問を消す作業を丁寧にすることで、ちゃんと価値を提供することができるのだと思います。

 

 

 

 

ほんとに苦痛な卒論でしたが、良いことを気づかせてもらったし、これからどこそこで役に立ってくるんじゃないかなと思います。

 

 

 

いやあ、卒論おそるべし!

関わってくれた方に感謝ですね(*´▽`*)

 

 

 

 

では、貴重なエネルギーを使いここまで読んでいただきありがとうございました(*´▽`*)