【感覚派or論理派】

どもども!

 

まっつんです!!

 

 

今日は、少し卒業論文の実験を進めて丁度中盤あたりまで来ました。

道のりは長いですが、着実に終わらせていきます(;^ω^)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さてさて今日は経営者の知り合いの方とお話しする機会があって、主にお金のことについて喋っていたのですが、喋っていた内容はさておき、僕の言語化能力の無さに改めて気づかされました。

 

 

なかなか思っていることが言葉として出てこないんですよね。

イメージとしては上の方で自分が喋りたいことがふわふわ浮いていて、それを手でとろうとしてもつかめない感覚です。

 

 

 

 

人は、2つのタイプがあって、

感覚派 と 論理派

に分かれていると思います。

 

 

 

感覚派の特徴としては

・なんとなくを大事にする

・結論をなかなか述べない

・空間の雰囲気を大事にする

などなど

 

 

論理派の特徴としては

・結論を先に述べる

・結果重視

などの傾向が強いんじゃないかなと考えています。

 

 

 

 

僕はこのタイプ分けをいろんな人にしているのですが、今日話した人は論理派寄りの人で、いっぺんに言葉のシャワーを浴びさせられたもんで、思っていることはあったのですがなかなか言葉が出てきませんでした(笑)

 

 

 

この言葉に詰まる解決方法として、まずは自分が感覚派か論理派かどっちのタイプかを見極める必要があると思います。そしてもう片方に寄せていきます。

 

 

僕は過去の自分を振り返って感覚派だと思っています。

正直どちらの能力も必要だし、臨機応変に使い分けられるのが最高ですよね。

 

 

 

なので論理派に寄せていくために、文章は本当に必要だなと思うし、伝わらないもどかしさが僕の文章を書く原動力だったりします。

 

逆に、自分が論理派だなと思う人は、相手の空気感や意識、目に見えないものを感じる練習をした方がいいですよね。

 

 

 

具体例を挙げると
スピリチュアル系の人は自分で感じたことを言葉にして人にある程度伝えられたほうがいいし、論理立てて説明するのが得意な人は相手の雰囲気などに合わせながら喋り方を変えられたらさらにいいですよね。

 

 

 

僕が出会ってきた人の中でどちらのタイプもいることが分かっているし、片方の傾向が強いだけだ少なからずどちらのタイプもみんな持っているので、バランスよく両立させることでその分人を理解できます。

 

 

 

 

今日、改めて自分が文章を書く理由や、ひとに物事を伝える難しさを実感しました。

さらに文章に磨きをかけていきたいと思います。

 

 

どちらのタイプが良い悪いはないので、皆さんも自分がどちらのタイプなのかを把握し、バランスよくもう片方を伸ばしてみてはどうでしょうか??(#^^#)

f:id:marumonomkitee:20171115191220j:plain

 

 

 

では今日も貴重なエネルギーを使いここまで読んでいただきありがとうございました!