【カクテルは人との出会いみたいだ】

 

 

 

どーも!

 

 

まっつんです。

 

 

 

最近雨が多いですねぇ。

寒くなって来たので、体には気をつけて下さいねぇ٩( ᐛ )و

 

 

と、いいつつ僕は今日ラグビーの試合で親指を脱臼したので、明後日病院に行ってきます( ;∀;)。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

さて、最近僕は、【お酒】にすごく興味があって、焼酎、ウイスキー、ビールなど幅広〜くいろんな種類のものを調べているのですが、

f:id:marumonomkitee:20171021214817j:plain

f:id:marumonomkitee:20171021214840j:plain

f:id:marumonomkitee:20171021214921j:plain

 

お酒って一つ一つ面白い歴史があるなぁと思います。

 

 

 

 

例えばビールはメソポタミア文明時代から飲まれていて、人類が農耕を始めた頃放置してあった麦のカスに酵母が入り込み、自然発酵してできたのが始まりだと言われています。

 

 

 

他にもウイスキーは、紀元前800年頃で、錬金術で使われていた蒸留技術を酒造りに応用してできたのがキッカケなんです。

 

 

また、ウイスキーに対する課税が高くなってきた、18世紀頃、山奥に隠れて、シェリー酒の空樽に保管し、しばらくして開けてみると、琥珀色に変化して、味もまろやかなものが生まれていて、これが現在のウイスキーの原型になっています。

 

 

 

日本のウイスキーは少し前にまっさんという朝ドラで有名になりましたが、竹鶴政孝というおじさんがスコットランドで学んできたウイスキー作りの技術を持ち帰り、始めたのがキッカケです。

f:id:marumonomkitee:20171021215102j:plain

 

 

 

 

こんな風にいろんな偶然や努力があって、1つ1つのお酒ができてきたんですね。

 

 

 

1つ1つの歴史が詰まったお酒が、僕はなんだか、1人1人の人生に似てるなぁと思っています。

→ロマンチストかよww

 

 

 

人の人生もいろんなバックグラウンドがあって、今の性格だったり、喋り方だったり、クセがあったりしますよね。

 

それと同じで、お酒も一言にビールと言っても、度数も味の濃さも使っている水も違って、それぞれに特徴・性格があります。

 

 

 

 

そんな彼らが、合わさったカクテルって本当に人の出会いみたいだなぁと思うんです。

 

 

 

例えば、知っている人は知ってる、ドライマティーニは、ジンとノイリープラットというお酒を合わせて作られます。

f:id:marumonomkitee:20171021215318j:plain

 

 

どちらの味も、特徴的な味なのですが、合わさるとうまぁーく溶け合って美味しいんですよねぇヽ(´▽`)/

 

 

 

まるで、恋ダンスで有名になったドラマ、逃げ恥のミクリと平匡。

 

ワンピースのルフィとエース。

 

2人はプリキュア

f:id:marumonomkitee:20171021215625j:plain

→懐かしいww

 

 

と、2人で1つみたいな感じです。

 

 

 

他にもこんな七色のカクテルとかあります。

f:id:marumonomkitee:20171021215508j:plain

もうなんかアートですよね。

 

 

 

 

カクテルってなんでもかんでも混ぜればいいということではなくて、ちゃんと配分や味の相性なんかがあります。

 

 

 

 

人との付き合いもカクテルと同じで、お互いに主張しすぎず、しなさすぎず、いいバランスで溶け合う関係にしていきたいですね🎵

 

 

 

 

 

なんか今回は変な回になってしまいましたが、これからまだまだお酒について勉強して、面白い視点から記事をかけるようにたなろうと思います。

 

 

 

 

 

是非皆さんもこの機会に、お酒のことを調べてみてはいかがでしょうか?

もし興味があれば一緒にお話ししたいです!

 

 

 

では!

今日も貴重なエネルギーを使いここまで読んだいただきありがとうございました😊