【ギャップを知る】

 

 

 

どーも!

 

 

まっつんです^_^

 

 

昨日、朝に投稿したいと言って、いきなり夜投稿になってしまいましたww

 

 

 

まあ、こういうことはよくあるので、最近はもう落ち込みません。

 

 

 

それにできないのであれば、どうやったらできるのかを考えいけばいいので。

 

 

 

自分の言った言葉に縛られないというのは、一つの継続するコツかもしれませんね^ ^

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

さて、突然ですが、人と話している時、こんなことでイラっときたり疑問に思ったことはありませんか?

 

 

 

 

『なんでこの人はなかなか結論を言わないんだろう?』

『なんでこの人はこんなに早く答えを求めてくるんだろう?』

『なんでこの人はこんなに楽観的なんだろう?』

『なんでこの人はこんなにキッチリと計画を立てて行動したがるんだろう?』

『はぁ、もっと気楽に考えればいいのに』

とかとかですね!

f:id:marumonomkitee:20170903232429j:plain

 

 

 

実際これは僕も思ったことありますし、

 

僕も物事を説明している時に

『ごちゃごちゃ言わんでいいから結論から先に言え!!』って怒られた時があります笑

 

 

 

 

この時の疑問や怒りってどこから来るかというと、【自分とのギャップ】です。

 

 

 

 

どういうことかというと、

例えば、ものすごく物事を『楽観的』に考える人が、全ての物事を『計画的』にキッチリこなしたい人を見ると、

 

 

 

なんでもっと気楽にできないんだぁ?とイラっとする時があったりすると思います。

 

 

 

 

あれって他人と自分の特徴が違うにも関わらず、『楽観的』という自分の視点でその人を見てしまっているから起こることです。

 

 

 

他にも、

感情論で物事を進める人、論理的に物事を進める人。

気分で決断する人、ゴールを決めてそこに一直線に向かっていく人。

めっちゃ考える人、とにかく行動する人。

 

 

 

 

など人それぞれいろんなギャップがあって、こういう違いがあることを知らないとイラっとしてしまったりします。

 

 

 

 

そして、まずそのギャップを知るためには、【自分の特徴】を知る必要があります。

 

 

まあ、自分を知らないと他人とのギャップに気づきようがないですよね 笑

 

 

 

 

 

僕の特徴のであれば

・楽観的

・考え事をすると喋らなくなる

・結論を最後に話す

・気分で行動する

・話をあまり聞かない

・思い込みで話す

(→この特徴が良い悪いとかではなく、こういう特徴があるということです)

 

 

 

などの特徴があります。

 

 

 

こんな風に自分はこういう特徴なんだと知れば、違うタイプの人と出会っても、【この人は僕とは違う】と受け入れて、変に怒らないで済みます。

 

 

 

 

 

皆さんも、すごくイラっとしたり行動に疑問を持ったりする人が周りにいるかもしれませんが、まずは自分の特徴を知り、そもそも違う人間なのだと受け入れてみましょう。

 

 

 

変なところで、エネルギーを使わずに済みますよ( ´ ▽ ` )

 

 

 

ではでは!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございございました😊