【続*集中力のお話】

 

 

どーも!

 

 

まっつんです。

 

 

前の記事でも触れましたが、本当に僕は日々周りの人に助けられながら、成長してるなぁと感じます。

 

 

 

これからも、少しでも読んでくれた人のためになるような記事を書いていこうと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さて、昨日の続きということで、今回も集中力のお話をしていきます。

f:id:marumonomkitee:20170822013736j:plain

 

 

前回、集中力はなぜ続かないかということで、はるか昔私達が野生の時代の頃まで遡り解説しました。

 

 

 

実際に、昔は集中力は生き延びる上で不必要なものでしたが、現在では逆に身につけておいた方がいいもの、ということでしたね( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

 

 

では、集中力はどうやって維持すればいいのでしょうか?

 

 

 

 

方法としては、睡眠、瞑想、早起き、姿勢、食事、運動、余白を作るなど、本当にたくさんの方法があるのですが、今1番僕が自信を持ってオススメできるのは、

 

 

【習慣化】です。

 

 

 

 

思考や感情をコントロールする力を『ウィルパワー』というのですが、一定の量が人それぞれあり、集中力を使うと少しずつそれを消耗していきます。

 

 

 

 

ポケモンでいうHP(ヒットポイント)と同じで感じです。

f:id:marumonomkitee:20170822015345j:plain

 

 

 

このウィルパワーは、どんなことして消費するかというと、

 

 

ランニング、

歯を磨く、

人と話す、

本を読む、

鼻をほじるなど、

行動しても減っていきますし。

 

 

 

 

本を読むことを決める、

歯を磨くと決める、

起床しようと決めるなど

【意思決定をする】ことでもウィルパワーは消費されます。

 

 

ウィル(will)って略すと意志なので。

 

 

 

 

そしてこの判断や決断。いわば意思決定をすることを減らしていけば、使うウィルパワーは少なくなり集中力も維持ができます!

 

 

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、ここで使えるのが【習慣化】です。

 

 

 

 

例えば、

『雑事は速攻で済ます』とかですね。

 

 

 

ラインやメールの返信って、結構先延ばしにしてしまいがちですが、それをすぐに返すと決めるんです。

 

 

 

初めは、毎回ウィルパワーを使いますが、だんだん習慣化していくことで、ウィルパワーの消費量が減っていきます。

 

 

なぜかというと、何かをやろうと意思決定をする時は、人間は前頭葉を使います。

前頭葉を使う時は、人間はウィルパワーを使います。

 

 

しかし、習慣化することによって、小脳を使うようになるんです。

→小脳を使うときはウィルパワーをあまりつかいません。

 

 

 

これは、野球の投手などでも説明ができて、あの繊細なカーブのボールを投げるのにはかなりのウィルパワーを消費するはずなのに、幾度とない練習を重ね、習慣化することで、ほとんどウィルパワーを消費していません。

→このとき投手は小脳を使っています。

 

 

スラムダンクの三井もたぶんあれ、ほとんどウィルパワーつかってないですよ 笑

f:id:marumonomkitee:20170822014928j:plain

 

 

 

この習慣化で、

『掃除』であったり、

『ランニング』であったり、

 

毎日の行動に、ウィルパワーを使わず、継続することができます。

 

 

 

 

こうして余ったウィルパワーを、自分の成長する意思決定に使っていことで、雑事にウィルパワーを費やすことなく、半端ない仕事量を生み出していけるんですね。

 

 

 

 

ちなみにDaiGoは毎日20冊本を読むそうです。笑

 

 

 

 

さーすがに読みすぎやろって思うけど、僕も参考にして頑張ろうと思います^_^

 

 

是非皆さんも、いろんなことの習慣化を意識してみてください。

 

 

 

今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂きありがとうございました( ´ ▽ ` )