【氏名は使命 〜ネーミングストーリーと自信について〜】

 

 

 

どーも。

 

 

まっつんです。

 

 

 

今日も宮崎はすごく天気が良かったです^_^

気持ちいい一日でした。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

さてさて。

突然ですが質問です。

テーーテン🎵(効果音)

 

 

人が人生の中で一番耳にする言葉ってなんだと思いますか??( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりましたか??

 

 

 

 

 

答えは、自分の名前です。

まあ題名にも書いてあったので分かりましたよね ww

 

 

 

 

 

このいつも聞く自分の名前ですが、自分の名前を嫌いな人ってだいたい自分のことも好きじゃないです。

→要は自信がない状態。

 

 

 

 

これってなぜかというと、名前と自分は同じものと思っているからです。

 

 

本当は自分は別に『松下裕紀』じゃなくてもいいわけですよね。適当に今日から『加藤』とかでもいいわけです。でもそう思っています。

 

 

 

 

 

だからその名前が嫌いだと、何回も聞くので、自分のことが嫌いになっていってしまう可能性が高いです。

 

 

 

 

逆に!!!

この名前の意味づけを変えれば、そこから自分のイメージが変わり、自信に繋げられるということです。

 

 

 

 

この意味づけを変えるというのは、意外と有名人の方もやっていて、

 

 

芸人のクリームシチューも昔は海砂利水魚という名前でしたが、名前を変えてからブレイクしました。

 

 

歌手のナオトインティライミもそうですよね。

 

 

あと、漫画家さんもペンネームにしてから急に売れ出すという人がたくさんいます。

 

 

 

あれなんかは、名前を変えることによって、名前の意味づけを変え、自信に繋げていった分かりやすい例です。

 

 

 

 

ということで、今回は【ネーミングストーリー】というもので、自分の名前の意味づけを変え、セルフイメージ(自信)を爆上げする方法をお伝えしようと思います。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

【ネーミングストーリーのやり方講座】

 

 

 

古神道に詳しい方にこの話は聞いたのですが、昔の人たちは氏名=使命という意味づけを名前にしていたそうです。

 

f:id:marumonomkitee:20170819200353j:plain

 

アマテラス→天照とか

神様の名前ってみんなそのままそれが使命になってたりしますよね。

 

 

 

 

こんな感じで、自分の氏名から使命を『ストーリー』探していこうというものが【ネーミングストーリー】です。

 

 

 

 

まず例として、僕の名前でやっていきますね。

 

皆さんも自分の名前でやってみてください(^ ^)

 

 

 

 

『松下裕紀』だったら、まず。

 

 

①松、下、裕、紀と一文字ずつ分解してみてください。

 

 

 

②そして、それぞれの文字を辞書で調べてください。辞書にはたくさんの漢字の意味があります。

 

 

例えば、

 

松→繁栄、人の長寿、常緑樹

 

下→ベース、一歩下がってみる、縁の下の力持ち

 

裕→豊か、満ち足りる、平和、どっしり、落ち着いている、調和

 

紀→正す、記す、書く、日記、旅、誠実、文学的、毎日ワクワク

みたいな感じです。

 

 

もし、漢字の意味から連想できなかったら、草冠などの『偏』から連想したり、英語にしたり、ひらがなにしたり、こんなイメージ!とかでも大丈夫です。

 

 

とにかく、その文字の意味を考えてみてください。

 

 

③最後にこれを繋ぎ合せて自分のストーリーにします。

 

 

僕の場合だったら、

あちこち移動しながら(紀)、様々な体験体感したことを記録し(紀)、それを読んだ人が豊かにのびのびと(裕)繁栄し(松)、ヒントやベースを与えられるような人間になること(下)

みたいな感じです。

 

 

 

 

大事なのは、自分でしっくりくるかどうかです。

 

 

このしっくりきたストーリーを頭にインプットすれば、名前を呼ばれた時に、このストーリーが思い出され、セルフイメージが上がっていくというわけです!

 

 

 

 

 

 

 

どうですかネーミングストーリーはできましたか?^_^

 

 

 

時間はかかると思うので是非じっくり考えて、自分だけのストーリーを作ってみてください。

 

 

 

 

 

今日も貴重なエネルギーを使いここまで読んで頂きありがとうございました!