【嫌われる勇気が売れた理由】

 

 

どーも!

 

 

まっつんです!

 

 

 

突然ですが、

この本を知っていますでしょうか?

f:id:marumonomkitee:20170727031540j:plain

 

 

【嫌われる勇気】という本で、

少し前ですがかなり有名になりました。

 

 

 

 

 

 

 

この中の登場人物は

青年と哲人の2人で

 

 

 

 

 

【人は今からでも幸せになれる】と

説くアドラー哲学者(哲人)のもとに

 

 

そんなことはあるはずがない!と

その哲学の矛盾を暴くため

1人の青年が訪れ、会話をし始めたあたりからお話はスタートしています。

 

 

 

 

 

哲学者が説いている

アドラー哲学】

 

 

なぜこの哲学が有名になったのかを、

考えてみようと思います。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

まず結論からいうと、

アドラー哲学の方が今の時代の考え方に

マッチするようになったからだと思います。

 

 

 

 

 

世界の三大哲学者とされているのが

フロイトユングアドラーです。

 

 

 

ユングフロイト父親のように慕っていたので、だいたい同じ考えですが、

 

 

 

アドラーはその反対をいくような思想の持ち主でした。

 

 

 

 

フロイトの思想は

今の原因は全て過去にあるというもので、

 

 

 

逆にアドラーの思想は

過去はいくらでも再定義できると言っています。

 

 

 

 

図で説明すると。

 

フロイト

現在←←←過去という流れ

 

 

なのに対して

 

 

アドラー

現在→→→過去という

 

 

ベクトルの向き方をしています。

 

 

 

 

どういうことかというと、

 

例えば、

青年にすごく深刻なトラウマがあったとして、

それが原因で、今家から一歩も外に出られないとします。

 

 

 

これを

フロイトが説明すると

過去のトラウマ(原因)があるから、

怖くて家から一歩も外に出られないんだ、

 

 

と、なります。

 

 

 

 

しかしアドラー

「そんな人生つまんねーじゃん」と言い

その過去を再定義しようと述べています。

 

 

トラウマがあるから今出られないのではなく、

 

 

家から出たくないという(目的)があるから

トラウマを理由にしているだけだということです。

 

 

 

ちょっと、強引ですが

こうすることにより、

トラウマにずっととらわれず、

今に向き合うことができます。

 

 

 

つまりアドラー

【今ここ】に意識を向けることで、

過去の意味づけを変えようと言っているんです。

→説明下手でごめんなさい( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

この『過去を再定義する』という考え方が今の時代にすごくマッチしたから、

この本は売れたんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

 

なぜなら昔は、

過去なんか振り返らなくても、

1つの会社に就職すれば、

ずっと安定で、未来が明確に見えていたからです。

 

 

 

 

でも今は、

1つの会社についたとしても、

もしかしたらその会社がなくなっている可能性が大いにあるし、

 

 

 

インターネットが普及したため、様々な価値観が混在し、

何が正解か不正解かよく分からなくなってきています。

 

 

 

だから、再定義をして、

過去の意味づけを変え、

そこからエネルギーをもらい

自分が進む方向を自分で決め続ける必要が出てきたのではないかと考えました。

 

 

 

 

つまりアドラー哲学の考え方が必要とされてきたからこそ、

『嫌われる勇気』は売れたんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

はい。

これは完全に僕のただの意見だし、

再定義という部分だけをくり抜いて書いた文章なので、

 

 

 

それ間違ってるよ!

 

 

という方や、

こういう意見もあるよね!

 

 

 

という人はどんどんコメントほしいです。

 

 

 

では、今日も貴重なエネルギーを使い読んでいただきありがとうございました😊