【文章を組み立てる上で大切なこととは??】

どーも、まっつんです。



今日はこれで2記事目を書いております。



文章を書くことが最近本当に楽しくなってきた🎵


それはきっと、頭の中でカチカチと知識が繋がって構造化していくからだと思います。


もしかしたらバイトまでに3記事目もいけるかもな( ´∀`)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さてさて、
さっきこんな本を読みました。
f:id:marumonomkitee:20170613183415j:plain

福島正伸さんの
【リーダーになる人のたった1つの習慣】
という本です。


福島正伸さんは実は一度お会いしたことがあるのですが、ドリームプランプレゼンテーションという大会を全国各地で開催している方です。


ドリプラ世界大会はこんな感じ
f:id:marumonomkitee:20170613183454j:plain

まあ、変人達がこぞってプレゼンする会です。←説明最悪(笑)


そんな福島正伸さんの本は一度も読んだことがなかったのですが、


シェアハウスの本棚にたまたまあったのでふと手にとって読んでみたら、なかなか面白くて一気にブワッと読んでしまいました。



僕はまだまだ人生でそんなに本をたくさん読んでいないと思います。


経営者の方の話をたまに聞きますが、1ヶ月20~30冊はざらで、多い人は50冊とか読む人もいるそうです。


僕はいってもせいぜい8冊くらいだと思います😅


だから、説得力はないかもしれませんが、この本は「良書」だ!と思いました。



なぜこんな風に思ったのか?


それは、
こんな僕でも、言いたいことがちゃんと分かったからです。



ようは、
「バカでもちゃんと理解できる本」
だったということです(笑)



この本の伝えたかったことはこれだと思います。



「自分を信じ、仲間を信じる」ということ。

これだけです。




これを伝えるために、
この本はタイプが全く違う三人の登場人物が出てきて、それぞれが「赤字」のカラオケ屋を一年間経営するというお話です。



『登場人物』
一人目は武田勝也という男性。
自信家で、「リーダーシップの塊」のような人です。



二人目は五十嵐あかねという女性。
リーダーシップもあり、さらに周りの人と協力して企画もできます。



三人目は間宮幸人という男性。
コツコツと努力を続けるタイプで、人を引っ張るというよりは、誰よりも頑張って背中で見せるタイプです。





彼等は懸命に赤字経営を建て直そうと努力しますが、



三人ともそれぞれの壁にぶち当たるんですね、


・人間関係の問題
・何個企画してもしてもうまくいかない
・社内の雰囲気は最悪で売り上げも上がらない


などです。



でも三人は諦めずに頑張って、一年後には、方法は違えど、ちゃんと黒字経営というゴールにたどり着きました。



これを見て僕は
山登りが思い浮かびました。
f:id:marumonomkitee:20170613183531j:plain

山登りっていろんなルートがありますよね?


一直線で険しいルート
緩やかで長いルート
その中間くらいのルート



でもどのルートも大変なことが必ずあり、方法は違えど、努力が必要です。


そして、その努力の先に頂上というゴールがあります。



この話も山登りと同じで、
彼らがこうやって、黒字というゴールにたどり着くことができたのは、自分の中の弱さに立ち向かい「自分を信じ」、働いてくれる社員を尊重し「仲間を信じられた」からだと思います。




そう、結局この本が言いたかったことは、経営者に正解なんかなくて、どんな人でも必ず努力すべき時期がやって来て、


成功するものは、みんな物事を諦めずに
「自分を信じ、仲間を信じること」ができた人なのだということだと思いました。





それがすごーーく分かりやすく、シンプルにまとめてあるんです。




ようは良書というのは、


堅っ苦しく、専門知識を散らばめた、専門家しか読めないような本ではなくて、


小学生でも理解できる言葉で書いてあり、ちゃんと「本質」を押さえてある本ではないかなと思いました。



そして、これは
本を読むときだけではなく、


文章を書く時、
教師として授業をする時だ、
好きな人とお話する時、
会社で大事なプレゼンをする時、
すべてに必要な視点だと思いました。



つまり、【言葉の組み立て】で大事なことです。



このシンプルかつ本質を捉えた本が
僕は良書ではないかなと思います。



はあ。また長くなってしまった(笑)



是非皆さんもこんな視点で本を読んだり、言葉を組み立ててみてはいかがでしょうか?



ただしこれは所詮僕の仮説なので、何か意見のある人は言ってほしいです(^-^)



では、今日も貴重なエネルギーを使い読んでいただきありがとうございました\(^^)/