悔しい

たまに人の成功を素直に喜べないことがある。
苦し紛れに「すごいね!」っていうけど、内心ホントに悔しいし、くそって思う。
俺まだまだやなぁ。


たぶん他人の成功を素直に喜べないのは、自分がまだまだ頑張ってないから。頑張れない自分がすごく恥ずかしい。


前のブログとかを見返しても、あぁまだまだだなぁってすごく思う。薄っぺらいなぁって。


でも、毎日コツコツ頑張るしかないんだよなぁって、この言葉も当たり前なんだよね。


周りの人を見ると、もっと頑張れよと自分に言いたくなる。


この文章で俺はどんな反応が欲しいんだろう?


大丈夫だよ、裕紀は頑張ってるよって言われたいんだろうか?


無反応だと悲しいんだろうか?


なんで、こんな文章をあげてシェアする必要があるんだろうか?


でもシェアしたいって思うからしょうがないんだよね。


僕の中で、うっすらこれかなと思えてきた「書く」ということ。


へたくそでもいいから、どんだけ意味ないって言われようが、とにかくどんどこ書いてみたい。


これからも見たこと感じたこと思ったことを、文章で伝えていきたい。


昔から日記をつけたり、体操やってたとき体操ノートをコツコツ書いてたらしい。


文章書くと、なんか心地いい。


このなんとも言えない悔しさとかやりたいこととかを書き留めたいって思った。


あーーーー、なんか今毒を吐いてる感じ。
うーーーーーーーー。
あーーーーーーーーーー。



でも、俺のブログってこんな感じでもいいのかも。
よく見せようとせず、今思ったこと感じたこともどんどん吐いていく。


そればっかも嫌だけど、それもあっていいんじゃなかろーか。



終わりが見えんのでこれで終わりまーす。