【日常を非日常に、非日常を日常に】

どーも。


まっつんです。


今日は予定がいっぱい詰まっていて、
ブログ書けないかなと思っていたのですが、


大学の先生が出張で、
ゼミが無くなったので、
ブログがかけてます🎵


イエイ!イエイ!
家入レオ


なんでもない!オケーーーーーイ!!!
f:id:marumonomkitee:20170512170446j:plain


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



最近はこのブログもそうですし、
いろんなことが習慣化できるようになってきました。


とはいっても、
別にすごいことをしているわけではなくて、
本当に、日常のあたりまえのことです。



例えば、毎日
湯船に浸かる
掃除をする
あいさつを心がける
ご飯をよく噛んで食べる
運動する(部活が週2くらい)
ありがとうってちゃんと言う



とかですね。
まだまだありますが(笑)




よく小学校の頃先生に言われたことを、
ひたっすら丁寧にやっています。




全部当たりまえのことですが、
ここから学べることはけっこう多いです。




例えば、
靴の整頓(掃除)を毎朝するとしますね。




すると当たり前ですが、
気づくことがあります。




それは
整頓する前は、
靴が乱れているんですね。




いや、当たり前なんです。
だから整頓するし、
それをしない分だけ、
どんどん乱れていきます。




そして、そのぐちゃぐちゃに乱れた玄関を掃除するのって大変です。




僕はこれを、
「自分の心」だ、
と見立てるようにしています。




どういうことかというと、
心も少しずつ、毎日整理してあげないと、あとあと使う労力(エネルギー)が半端ないということです。




つまり心も、
自分の気持ちが整理できないまま(それを無視して)、やりたくないこと、なぜやりたいのかが分からないこと、をずーーーっとやっていると、いつか本当に苦しくなって、整理ができなくなってしまうかもということです。




なので、僕は、
いつも自分が何をやりたいのか?
なぜその選択をするのか?
を紙に書いたり、言ってみたりして
日々頭を整理しています。





こうすることで、いつも
ちゃんと理由をもって動くことができている気がします。




掃除からはいつもこんなことを学びます。





あと、
ありがとうはすごいです。





言えば言うほど、
ありがとうの範囲が広がっていくんです。




どういうことかというと、
例えばまあ、
たくみくんにありがとうと言うとします。



僕は誰かに
ありがとうを言うと、
「意識的に」
その人のお母さん、お父さん、親戚、恩師、友達などなどを思い浮かべます。



今までいろーーーーんな人がたくみくんを支えてくれて、
そのたくみくんが目の前にいて
「今」ありがとうと言えるんですね。




そうやって、ありがとうを広げていくと
親戚の親戚
友達の友達
友達の友達の友達(笑)

と、どんどん勝手に広がります。



そして、どこかで、
自分とも繋がっている感覚がします。





大事なのは、
その日々の習慣から
【意識的に】
学びとることだと思います。




こうすることで、
日常が非日常に変わるし、





世界一周とか外国とか
いわゆる
非日常がむしろ日常になると思います。




話は変わりますが、
僕は、卒業したら世界一周に行きます(今のところはですね)



世界一周では新しいものに、ただ感動するだけでなく、日常と同じように、そこからたくさんのことを学びとろうと思っています。




皆さんも是非
日常の行動から
何を学びとれるを意識して生活してみてはいかがでしょうか?(^-^)




ここまで貴重なエネルギーを使い読んで頂きありがとうございました!