読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【お金の価値】

こんにちは!!
今日はシチューを作ってみました(^^)



自分で作って食べる料理はやっぱり良いですね。



エネルギーがいっぱい貰えます!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて
今日はずーーーーっと先送りにしていた、【お金の価値】について書こうと思います。
f:id:marumonomkitee:20170321170909j:plain





一ヶ月くらい前に、
「あなたに一万をあげるので使ってください」
という記事を書いたのですが。






まず、どうして、こんなことをしようと思ったかと言うと






僕は今までバイトの給料が入ったら、毎月一万円くらいは


コンビニにフラーっと立ち寄り、
お菓子やジュースを買ってしまったり、
ゲームセンターに行ったりして


ストレス発散のために使っていました。






僕は、この使った一万円に、どれだけの価値があるんだろう?


と、まず自分の「お金の使い方」疑問を持ったんです。







そして他の人は、どうやって使うのか?


他の人の「お金の使い方」に興味が湧いたので、この企画をしました。







結果はなんと10名の方が、立候補してくれて、たくさんのお金の使い方を教えてくれました!


その使い方は、また今度立候補者の了解を得て書こうと思います。








では、ここからが本題なのですが


【僕のあげた一万円はどれだけの価値があったのでしょうか?】







たぶん、人にあげちゃうなんて、意味が分からない



まったく価値がない!

もっと自分のために使え!






と思っている人もいるかと思います。






でも、この僕が誰かにあげた一万円は、僕にとっては、相当大きな価値があるものだと思っています。






なぜかというと
僕の【想い】がこもっているからです。







僕は、この一万円をあげるという記事を書いてから、まず10通りの他の人の使い方を知ることができました。






さらに、その方達と電話や、メールを交わしたり

いろんな人に、あの記事について聞かれて、その度に






お金とは何か?
お金持ちと、貧乏人との違いは何か?
自分のお金の使い方は適切か?






ということを考えました。


正直この問いには、まだ答えるところまでには行っていませんが


お金に対して、今まで立てなかった問いを、たくさん立てることができました。







そんな、僕のお金に対する、疑問→【想い】が詰まった一万円です。






この【想い】がお金の価値を決めると思っていて


僕の【想い】がこもった一万円は、

コンビニでストレス発散のためにボーーっと使っていた一万円より

価値が高いと思いました。






そして、さらにこれから僕が、お金について考えれば考えるほど、どんどん、あげた一万円の価値が上がっていきます。







つまり
【お金の価値】=【その人の想い分】
かなと思います。




ここまでが、今の僕が言えることです。






さらに、どうしたら、お金が循環していくのかな?


ということについては







その【想い】のベクトルが誰かのためになった時、お金の循環が起こるんじゃないかなと思います。


これは、まだ検証中なので、これから自分を実験台にしてやっていこうと思います。


是非皆さんも、お金が循環する方法が分かったら教えてください!!






ふぅーーーーーーーーー。


長かった(笑)



ここまで貴重なエネルギーを使って読んで頂いてありがとうございました\(^^)/