【売れているキャバ嬢の共通点】

 

 

 

 

おはようございます!

 

まっつんです(^ ^)

 

 

今日もツラツラと書いていこうと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

題名を見てびっくりした方もいると思いますが、実は僕キャバクラのボーイとしてアルバイトをしております。

f:id:marumonomkitee:20170725111259j:plain

 

f:id:marumonomkitee:20170725111347j:plain

 

キャバクラというか、クラブかな?

→キャバクラの方が伝わりやすいので

 

 

 

どんなことをするのかとか、女の子はどうだとかは個人で聞いてください(^ ^)

 

 

 

 

 

かれこれ1年間くらい働いているのですが、いろんな女の子を見ていく中で、

 

 

 

 

やっぱり

人気で売れている女の子と

まったく売れない子が

いるんですよね。

 

 

 

その違いは何だろうと思い観察してみると、売れている女の子にはある共通点が見えてきました。

 

 

 

 

今回はその共通点を紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

ではさっそく。

 

 

1つ目の共通点は、

リアクションのバリエーションが多いことです。

 

 

 

 

男の人の話に対して

売れている女の子は、

 

 

 

小刻みに相槌をうったり、右に揺れたり、左に揺れたり、大きく笑ったり、上品に笑ったり、真剣な顔で聞いたり

 

 

 

いろんな反応をしてくれるんですね。

 

 

 

まあ、うんうんと頷くだけであまり変化がないと、本当に聞いてるの??と思ってしまいますよね?

 

 

 

こうして様々なリアクションをすることで、男の人は

「あ、ちゃんと聞いてくれてるんだな」

と感じ話が弾むのではと思います。

 

 

 

 

2つ目の共通点としては、

ボディタッチがあることです 笑

 

 

 

 

これは説明するまでもないですが、

やっぱり男の人はボディタッチがあると、

嬉しいんだと思います。

→というか嬉しいです 笑

 

 

 

でも売れている女の子のうまいところは、

 

 

 

このボディタッチを会話の中に「少しずつ」挟むということです。

 

 

 

触りすぎず、触らなさすぎず、タイミングよく、自然な流れで、ボディタッチを取り入れているんですね 笑

 

 

 

 

このバランスが大切なんだと思います。

 

 

 

 

最後になりますが、

3つ目の共通点は

「距離感」だと思います。

 

 

 

これは恋愛とかでも一緒だと思いますが、

 

 

 

 

落とせそうで、落とせない

手が届きそうで、届かない

付き合えそうで、付き合えない

 

 

そんな絶妙な距離感があるからこそ、

もう少し頑張ろう!と思い燃えますよね?

 

 

 

まっっったく手が届きそうもない超絶美人な高嶺の花で、相手にされないと分かっていたら、やっぱり俺には無理かなぁと諦めてしまう人が多いと思います。

 

 

 

 

キャバクラに来る男の人達って、少なからずキャバ嬢の子とワンチャンみたいに狙ってる人がいると思うので、

 

 

 

女の子がこの絶妙な距離感を取ると、勘違いを起こすんだと思います(^^;笑笑

 

 

 

 

この距離感のテクニックとして、ボディタッチのバランスであったり、リアクションのバリエーションであったりを工夫しているのかなと思います。

 

 

 

 

キャバ嬢を目指さないにしろ、恋愛に関してこの距離感は非常に大切だと思うので、是非参考にしてみてください!

 

 

 

今日も貴重なエネルギーを使い読んで頂きありがとうございました(`・∀・´)

 

【人のお役に立つ とは】

 

 

どーも!

 

まっつんです。

 

 

 

今日はちょっとした気づきをシェアしようと思います。

 

 

企業の面接や、たぶん教員採用試験の面接などで、

 

 

【人の役に立つことをしたいです】

ってけっこう言わないですか??

 

 

 

僕は今就活中で、面接で喋ることを考えたりするのですが、

 

 

この言葉をめっちゃ多用します。

 

 

 

 

まあ、純粋に自分が興味のあることで

人のお役に立てたらいいなぁと思っているのは本当なのですが、

 

 

 

 

この言葉を使っているうちに

【人の役に立つこと】って何だろう??

 

 

 

と考えるようになりました。

 

 

 

 

人の役に立つことっていったいなんなんでしょうか?

 

 

 

 

飲食店でご飯を提供し「ありがとう」と言ってもらうことでしょうか?

 

ビジネスでお金を循環させ、たくさんの人が笑顔になることでしょうか?

 

世界一周で様々な価値観をSNSで発信し、新しい気づきを与えることでしょうか?

 

教師になって、アドバイスをし生徒の人生をより豊かにすることでしょうか?

 

 

 

 

もちろんこの上にあげた例は素晴らしいことだと思います。

 

しかし僕は、人の役に立つということはこれだけではない気がします。

 

 

 

 

 

最近こんな本を読みました。

f:id:marumonomkitee:20170724173748j:plain

 

葉田甲太さんという方が書いた

『僕たちは世界を変えることができない』

です。

 

 

 

この作品はノンフィクションで

実際に葉田さんが

 

カンボジアに学校を建てるために、3人の仲間と共にチャリティーイベントを行い、寄付金を集め、最後は立派な学校を建てるまでのストーリーです。

 

 

 

 

このお話の中で、葉田さんはカンボジアエイズ病棟を訪れ、トン・クンタップというエイズ患者の女性に出会っています。

f:id:marumonomkitee:20170724173811j:plain

 

 

 

彼女は葉田さんと話をしている間、終始笑顔だったそうです。

 

 

 

SMAPの歌などを歌ってあげて、たわいもない話をし、別れる時に、

 

 

 

クンタップさんは

『今日は楽しかった。ありがとう写真を撮るとき、なんの抵抗もなく肩を抱いてくれて、すごく嬉しかった。生きる希望が湧きました』

 

 

 

 

と言っています。

 

 

 

 

これに僕はかなり衝撃を受けました。

 

 

 

なぜなら肩を組んだり、たわいもない話をしただけで葉田さんが【人に生きる希望】を彼女に与えているからです。

 

 

 

 

これを見て僕は、

与えよう与えようと躍起にならなくても、

【みんな人のお役に立てているんだ】

と思いました。

 

 

 

 

今まで自分は、すごく大きなことで、人のお役に立たなければいけない、

 

 

 

と、思っていた節があります。

 

 

 

 

でも、僕たちはこうやって生きているだけで、

誰かのお役に立つことができているんですね。

 

 

 

 

 

変に繕わず、

自分がしたいように、

振る舞えばいいんだなと思い、

すごく心が軽くなりました。

 

 

 

 

今回の気づきはそんな感じです。

 

 

 

今日も貴重な時間を使いここまで読んで頂きありがとうございました( ´∀`)

【場の形成】

 

どーも!

 

 

まっつんです!!

 

 

 

こうやってアウトプットをしていると、自分のインプットの足りなさを実感します 笑

 

 

 

もっとインプットの量も質もあげないとな。

 

 

 

頑張ります(^ ^)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

さて!

今回は【場の形成】

についてお話しようと思います。

 

 

 

 

僕はほとんど毎日、家や、外出した先々で掃除をしていて、もう癖というか趣味みたいになっています 笑

 

 

 

 

 

今回はその

掃除をするとどんなメリットがあるのか?

 

 

 

 

ということをお伝えしますね!

 

 

 

では早速いってみましょう!

 

 

 

メリットは大きく分けて、2つあります。

 

 

 

1つ目のメリットは掃除をすると

お部屋がキレイになります 笑

 

 

当たり前ですね。

その場がキレイになったらほとんどの人が喜ぶと思います。

 

 

汚い方がいいという方がいるかもしれませんが、かなり少数派ではないかなと思います。(まだ出会ったことはないです)

 

 

 

 

2つ目のメリットは

キレイな【場が形成される】ということです。

 

 

 

 

どういうことかというと

その場に来てくれた人がキレイにその場を使っていく魔法をかけることができるんです。

 

 

 

 

 

例えば、僕がシェアハウスの掃除をしたとすると、そこにいるメンバーは汚い状態の時よりキレイに使ってくれることが多くなります。

 

 

 

 

これはそのシェアハウスが

キレイに使う【場】になったからです。

 

f:id:marumonomkitee:20170717182802j:plain

 

 

この【場の形成】はいろんなところで使われていて、

 

 

 

コンビニのトイレに

『いつもキレイにお使いいただきありがとうございます』

と書いてあるのも、

 

 

 

 

キレイに使われるトイレという

【場を形成】しているし、

 

 

 

逆に

 

 

 

『トイレには落書きしないでください』

と書いてあると、

 

 

 

落書きをされたことがあるトイレと認識されるので、

 

 

 

落書きをしてもいいトイレという

【場が形成】されるんですね 笑

 

 

 

 

 

こんな感じで言葉だと

伝え方によって【場の形成】のされかたが違うし、

 

 

その【場を形成】することによって、言ってしまえば他の人をコントロールすることができるんです。

 

 

 

 

僕はこれを、掃除や、靴の整頓などで使ったりしています。

 

 

 

 

皆さんも是非、良い方向にこの【場の形成】を使ってみてはいかがでしょうか??

 

 

 

 

では!

今日も貴重な時間を使い読んでいただきありがとうございました(^∇^)

【軸をブラさない】

 

どーも。

 

 

まっつんです。

 

 

 

7月も後半になりました。

本当にあっという間ですねー!^ ^

 

 

 

よく行く神社の高台からパシャり。

f:id:marumonomkitee:20170717134925j:plain

暑くなってきたので、熱中症には気をつけてください!!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

さて、

いつも僕はある1つの軸をブラさず生きています。

 

 

 

 

これは、自分の使命とも言えるのですが、

 

 

 

 

【自分と真剣に向き合う手助けをする】

ということです。

 

 

 

 

 

いつも、周りの人には、

いろいろフラフラと行動してて結局何がしたいの?笑

と言われるけど、

 

 

 

僕は今ほとんど全て、

この軸を元に動いています。

 

 

 

 

なぜ自分に真剣に向き合う手助けをしたいかというと、

 

 

 

 

今まで僕自身が、進路にめちゃくちゃ迷って迷って迷って、がむしゃらに行動してきた中で、

 

 

 

 

 

頭を一度落ち着かせて、

自分と真剣に向き合うことで

 

 

 

 

一番納得する道を選んでこれたからです。

 

 

 

 

結局、人生の選択って自分で決めるしかないんですよね。

 

 

 

大学はどこにいくのか?

卒論のテーマは何にするのか?

自分は教師になるのか?

自分はいったいどこに就職するのか?

そもそも就職するのか?

 

 

 

 

そんな人生の選択から逃げて、

なんとなく人に合わせたり、

社会の流れに任せたり、

親のせいにしたりするのは

 

 

はっきり言って超、楽です 笑

 

 

 

だって責任が自分にないんだもん。

 

 

 

 

でも、その責任逃れは一時的で、

やっぱりあとあと苦しくなるんですよね。

 

 

 

 

僕は特にこれといった特技はないけれど、

 

 

他の人より悩んできた自信はあります 笑

→平均的に見てです

 

 

 

 

だから、

自分がどうしたいのか分からない。

将来の夢への一歩が踏み出せない。

そもそも自分が何者なのか分からない。

 

 

 

そんな人の『手助け』がしたいと思ったんです。

 

 

 

 

そのために僕は

自分の体験、発見、思考を元に

文章を書くし、自分をさらけ出すし、

その中で読んでくれた人にとって自分の将来の何かヒントになればと思うし。

 

 

 

 

夢プレゼンも、

そんな自分と向き合える場所になればと思うし。

 

 

 

 

相談してくれたら、全力で答えるし。

 

 

 

 

世界一周も、いろんな文化、教育、価値観をこれから文章で伝えて、読み手の将来の選択のヒントになり。

 

 

 

 

そこで自分と向き合う時間を作ってほしいなと思っています。

 

 

 

 

表面的には一見バラバラに見えるかもしれませんが、軸はブレないので、昔よりかは迷わなくなりました。

 

 

 

 

まだまだ発展途上(常に発展途上)ですが、これからも頑張っていきます。

 

 

 

 

みなさんも、自分の軸みたいなものを見つけてみてはいかがでしょうか?

それが1つの行動指針になり、だいぶ選択が楽になりますよ(^ ^)

 

 

 

今日も貴重なエネルギーを使い、読んでいただきありがとうございました!

【とりあえずやってみることに価値はあるのか?】

 

 

 

どーも。

 

 

まっつんです(^ ^)

 

 

今日も暑かったですねー!!

あー、アイス食べたい笑

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

さて!

今日は題名の通り

【とりあえずやってみること】

に価値はあるのか?

について考えていきたいと思います。

 

 

言い換えると【行動力】

みたいなものでしょうか。

 

 

 

まあ、よく言われるのが、

『やってみないと分からない』

『実際にやってみるのとやっていないのでは大きな差がある』

などですね。

 

 

 

僕も昔こんな理由で、興味のある!と思ったら、なんでもかんでもチャレンジしていました。

 

 

 

 

例えば、

外国に行ってみたり、

f:id:marumonomkitee:20170716021528j:plain

イベントのスタッフをしてみたり、

コンテストに出てみたり

留学したり、

九州一周してみたり、

学食で叫んでみたり、

夢をたくさんの人に聞いてみたり、

ヒッチハイクしてみたり、

f:id:marumonomkitee:20170716021626j:plain

などなどです。

 

 

 

そして、今振り返ってこの行動に僕は疑問を投げかけてみました。

 

 

 

この行動ってなんの意味があるの?

What's meaning of this action??

 

 

 

 

なんでもかんでも行動していた、この時の僕の気持ちとしては、

この行動は『何かが』自分を変えてくれるかもしれない!!!

 

 

 

という、神頼みの状態でした 笑

 

 

 

 

もちろんこの経験から得たことはありますが、

 

 

 

『自分は旅が好きだということが分かった』

 

 

 

 

という感じで。

 

 

 

 

そうやって旅が好きな自分が分かったらどんな価値があるの??と問われると、

 

 

 

何も答えられませんでした(チーーーン)

 

 

 

 

つまり、『だってやりたいんだもん』という理由だけで、行動しまくっても、その程度の答えしか生まれないということです。

 

 

 

 

僕は最近、その先が必要なんだなと思っています。

 

 

 

 

 

その先とは、

【周りにどんな影響が与えられるか?】

を考えるということです。

 

 

 

 

旅に興味がある!

これで何かが変わるかもしれない!

だから旅をしてみたい!

 

 

 

ではなく、旅をするのであれば、

世界中の料理を食べて、

その経験をもとに飲食店を開きたい!

 

 

や、

 

 

世界中の学校現場をみて、

学校の教師にならとともに、

日本に世界中の教育体制の在り方を伝えたい。

 

 

などと、周りのためになることも考える必要があると思うんです。

 

 

 

つまりつまり、外にも意識のベクトルを向けるべきだということです。

 

 

 

 

Mr.childlenの桜井さんなど、有名なアーティストをイメージすると分かりやすいんですけど、

 

f:id:marumonomkitee:20170716022125j:plain

 

 

桜井さんは絵を見るときでも、旅をするときでも、曲作りのことを少しは考えると思うんです。

 

 

 

そして、その経験を生かして作った曲を聴いてくれた人が少しでも幸せになればいいなと、聴く相手のことを考えるでしょう。

 

 

 

 

 

こんな感じで、周りの人たちにも意識のベクトルを向けて行動すれば、それがより大きな価値のある行動になっていくかと思います。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

話をまとめると、

始めはとりあえず興味を持ったことに向かってガンガン行動していいと思います。

→そこからいろんな気づきができます。

 

 

 

でもどこかで、周りの人のこと『も』考えながら行動することが大切です。

 

 

 

 

どちらの方が大切というのはなくて、

どちらも大切です。

 

 

 

なぜなら、自分へのメリットがないと行動してる内に苦しくなるからです。

 

 

 

 

 

 

自分のために行動し、成長しながら、

周りへの影響も考えることが大切だと思います。

 

 

 

 

なので、とりあえず行動することに価値はあるのか?という質問に対しては、

 

 

それだけではあまり価値はなくて、

他人にもベクトルを向けた方が、

もっと価値が上がるよーということです。

 

 

 

 

 

はい。

こんな感じで今日は終わろうと思います(^ ^)

 

 

 

 

3時間もかかってしまった笑

 

 

今日も貴重なエネルギーを使い読んでいただきありがとうございました!( ^∀^)

【なぜただのしがない学生が20個も塩を売り切れたのか?】

 

どーも!

 

 

まっつんです!

 

 

 

宮崎〜東京〜大阪

の旅もようやく終わり、

現在夜行バスで宮崎に帰っております。

 

 

 

企業の二次面接が長引き、飛行機に乗り遅れました(T_T)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さて!

この旅の1つの目標であった、塩を20個売り切るというのを今日達成しました!

 

 

 

最後はいつきさんという方が買ってくださりました(o^^o)

f:id:marumonomkitee:20170714003421j:plain

ありがとうございます😊

本当に感謝です。

 

 

 

で、ですね。

この20個を買って頂いた中で僕が1つ疑問に思ったことがあります。

 

 

 

それは、純粋に

『なぜ売れたのか?』という

疑問です 笑

 

 

僕は始めこのチャレンジをする前に、

正直20個売り切れないと思っていました。

 

 

だってですよ、普通に考えて、

こんなラグビーと旅が趣味なだけのただの学生から買ってくれなくないですか?

 

 

そして、この塩の値段設定も

他の塩と比べるとかなり高くて

88gで400円となっております。

もちろんネジさんが海水を汲むところから丁寧に作っているのでこの値段なのですが、

 

 

 

アマゾンで買える伯方の塩

1㎏で317円。

f:id:marumonomkitee:20170714003457p:plain

 

 

『値段だけ』見るとぼったくりです。( ;∀;)

 

 

 

その塩がなんで売れたのか

その理由を自分なりに考えてみました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1つはやはり、

【質がいい】そして【需要があるから】

だと思います。

→2つやんけ 笑

 

 

 

ネジさんの塩ってさっきも言いましたが、海水を汲むところから本当に一日中かけて丁寧に作るんです。

 

 

 

味は、しょっぱ過ぎずマイルドで、

他の塩と比べて本当に美味しいし、

 

 

何より、塩って使わない人いないですよね??笑

 

 

 

そこが1つの大きな理由かなと思います。

 

 

 

しかしこれだけでは、まだ納得できません。

 

 

 

 

なぜ『僕から』この塩を買ってくれたのでしょうか??

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

2つ目の理由は、

【信用】だと思います。

 

 

 

今回どんな人が買ってくれたかというと、

だいたいネジさんか僕が前から付き合ってる知り合いの方です。

 

 

 

 

知り合いの『この人が』売っているもの、作っているものなら安心して買える、『この人が』売っているからお金を出したい。と

 

 

 

 

思ってお金を出したのではないかな?と思います。

 

 

 

 

僕は今回、ほとんど売り込みをしていません。

 

 

それよりか、

なぜ僕がこの塩を売っているのか?

なぜヒッチハイクでここまで来ているのか?

僕がどんな人間なのか?

 

 

と、その場に行き着くまでのストーリーや自分自身について話しました。

 

 

 

 

そしたら、なんと500円で買って頂いたりもしたんですね。

 

 

 

かなりびっくりしました。

 

 

 

 

僕は、

そのストーリーや自分自身を話すことによって【信用】が生まれたのではないかなと思います。

 

 

 

つまり、

『何を』買うのも大切だけど

『誰から』買うかも大切だ

ということです。

 

 

 

これは他のことでも言えることで、

例えば、個人にパトロンなってもらいお金を集めるクラウドファンディングなんかは、その人の【信用】がもろに数値として出るのではないかと思います。

 

 

 

極端な例を言えば

いっつも嘘ばかりついて、人を騙しまくっている人と、いつも誠実で、1つ1つの行動が丁寧で、周りに幸せを与えてくれるような人が

 

 

 

 

同時にものすごく、クオリティが高い誰もが認めるライブイベントをしたい!と言い出したら、集まる金額はたぶんかなり違ってきますよね?笑

 

 

こんな感じで、今まで積み重なってきた【信用】がお金として現れるわけです。

 

つまり

今回の話をまとめると

この塩が20個売れた理由は

 

 

 

・塩の質が高い、商品の実用性がある

・ネジさんと僕の信用があった(かなりネジさんの信用に助けられました)

 

 

からだと思います。

 

 

 

これは僕なりの見解なので、

皆さんもなぜ売れたのか?

 

 

是非考えて見てください!

 

 

 

この文章が何かのヒントになれば幸いです!

 

 

 

今日も貴重なエネルギーを使い最後まで、文章を読んで頂きありがとうございました😊

【旅する千円札の行き先】

 

どーも!

 

 

まっつんです。

 

 

 

昨日実家に泊まって、今バスで大阪に向かっております。

 

 

 

明日が企業の二次面接なので、それを受けてから宮崎に帰ります。

 

 

 

今回の旅はけっこう長く感じたなぁ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さて!

 

一ヶ月ほど前、僕はこの旅する千円札を塩職人のネジさんという方に渡されて、その使い道を考えた結果。

 

 

 

塩を売りながら、この旅する千円札と一緒に旅をしようと思いました!笑

→単なる思いつき🤣

 

 

 

お塩はなんと20個中19個売れました!

ありがとうございます😊

 

 

 

旅する千円はいつも感謝してる人に渡したいなと思い。

 

 

 

東京で出会った、あいぼんに渡しました(^ ^)

f:id:marumonomkitee:20170712185746j:plain

 

 

あいぼんは3回くらいしか会ったことないけど、その行動、文章、存在からいろんな気づきをいつも与えてくれます。

 

 

 

今回会った時は、

『私が死んだと思って、メッセージを書いてほしい』と言われました。

 

 

 

 

想像しにくかったけど、誰かが死んでしまうことって、実は身近で、あいぼんの死を考えた時、自分の死だったり他の人の死を考えるキッカケになりました。

 

 

 

 

いつもありがとう。

 

 

 

 

あいぼんに千円札を渡したら、いきなり野口さんにお化粧しだしました 笑

 

 

 

 

旅する野口さん!

f:id:marumonomkitee:20170712185836j:plain

 

そして、さっそく使ってくれました(^ ^)

f:id:marumonomkitee:20170712185928j:plain

 

 

こんな感じで、この旅する千円札が回っていく中で、

 

 

 

もらった人が旅する千円札で何か幸せな気づきをしてくれたらいいなぁ(^ ^)

 

 

 

 

 

僕はこれからも旅する千円札の動向を集めていくので、お楽しみに!

 

 

 

 

 

今日もここまで読んでいただきありがとうございました!!